2017年05月22日

アンサンブル発表会

前回投稿から4ヶ月・・・。
ヴィオラを4~5ヶ月やる予定でしたが、先生の都合により、またまた交代となりまして、な、なんとあの上野眞樹先生になりました。
と、言うことは私はメニューインの孫弟子?ウフッ!
って誰かにどつかれそうですが、冗談はさておき、何故かスクールの先生方にたくさんの変更が出てバタバタとしてまいりました。
素敵な先生方も数人入っていらっしゃいました。

私の先生は産休から引き続き育児休暇に入られて、取り合えず1年ほどは上野先生になりました。
と言うことで、当然のことながらヴィオラからまたヴァイオリンに戻りました。

アンサンブル発表会の予定していたグループ(2vn,2va,1vcの5人)も、ウ゛ァイオリン一人の方が具合が悪くなられて離脱、ヴィオラだった私がウ゛ァイオリンに移ることで2vn、1va、1vcでフーガを弾くことになりました。
ヴィオラでほぼ出来上がってたのに・・・混乱しそう。



さて、アンサンブル発表会ですが、つい先日の5月21日に某H市さくらぴあ小ホールにて行われました。

今回私は
Mozart / Fuga (K404a No.5 から)
Holst / St Paul's Suite
Saint-Saens / Allegro appassionato cis-moll Op.70
この3曲を演奏しました。

ところが、ややこしい選曲の上に、発表会の1週間前になって、なんと扁桃炎にかかってしまい、高熱を出してダウン!
発熱、嘔吐でふらふら・・・。この年でキツイです!
発表会無理かな~~と思ってたらギリギリ大丈夫でした。

でも練習はできてないし、病み上がりで力が入らず、筋力コントロールもうまくできない、喉も痛い、咳も出てきて集中力ほぼゼロというハンディの中、ボロボロでした(T-T)

フーガはヴィオラの方がまだ始めて半年というのに腱鞘炎になるまで練習して頑張ってくれて、本番はいつもの練習より少し早めのテンポだったにも関わらずなんとか最後まで弾ききれました。ん~~、ありがと、ありがと。

弦楽部ですが・・・
取り合えず、ザッツだけは集中力欠かさないように気をつけ、長~~いピアノのカデンツァの最中に咳だけはダメと言い聞かせ頑張りました。
演奏者はみんな本番に満足されたようですが、私だけ自己嫌悪~~。
まあ、でも、管やピアノと演奏できる機会もそんなに無いかと思えば、楽しかったかな~~。


今回はフーガのお陰で、バロックについていろいろ知識が増えました。意識も変わりました。
それから、譜面の読み方が少し分かってきたような気がします。

それにしても、恐るべし扁桃炎!インフルエンザより大変だった。まだ、本調子には戻ってなくて、味覚もおかしくなっちゃって、早くスッキリしたい!!

Machako : 04:43 | コメント (0)