2015年10月14日

きままなターシャ

夫の父が亡くなってからずっと、お母さんの様子が気になるのでちょくちょく実家に顔を出して、一人になる時間が少なくなるようご飯を一緒にしたり、用事も一緒に回ったり、車もできるだけ私が運転するようにしていました。
お母さんの友人も同じ様に心配してくれる人がいて、お母さんに付いている私にも気を使ってくださって、ランチをご馳走してくださいました。

きままなターシャという名前からも想像が付くと思いますが、素敵なガーデンのあるお店です。
特にバラの咲く時期はとてもきれいだそうです。

今回のランチは六角お重4段重ねで和食系でした。ちょっと多いかなと思ったのですが味がよかったせいか、ペロリとたいらげちゃいました。
お母さんとおかあさんのお友だち、その娘さん、そして私の4人でしたが、女ってこういう組み合わせでもなんだかんだと話は弾むものです。
デザートはクレームブリュレ。
写真を撮るのを忘れるくらい、ゆっくり素敵な時間を過ごしました。

店内もオシャレで、庭サイドは硝子張りに硝子ドアで季節のよいときはテラスになるのかな?光がとてもきもちよいです。調度品はシックであと素敵な雑貨も販売されています。

ここの生豆焙煎CAFEも美味しいらしく人気だそうです。

奥に座敷もあって、ギャラリーになったりちょっとした集まりに使われたりしてるようです。

春のバラの季節にまた行きたいです。



本日のお礼に、お母さんのお友だち親子に手作りジャムを・・・
 

Machako : 11:38 | コメント (0)

 

2015年10月06日

カフェレスト エプロン (APRONS)

娘が私の誕生日を祝ってくれました。
今回は誕生日プレートのランチもご馳走してくれました。

娘に何かしてもらうのはとても嬉しいのですが、気の毒というか申し訳ないという気持ちが先立って、複雑な思いになってしまいます。素直に喜べばよいのにね。

お店はメイン道路からは少し入ったところでこの辺の人でないとわからないような場所でした。
お店の名前に由来してか店内に珍しいものやかわいいエプロンを飾ってあったり、売っていたりしてました。
最近かわいいエプロン流行っているみたいですよ。
 
ワンプレートランチもリーズナブルで美味しかったです。

バースデイプレートもあるようです。
娘よ、ありがとう!(涙)

お店の人が私たちの写真を撮ってくれました。
 

Machako : 13:59 | コメント (0)

 

2015年09月06日

広響

ひさびさに広響コンサートに行ってきました。
モーツアルトとメンデルスゾーンだそうです。

今回少々後ろの2階席。
ステージがよく見えるのですが、お手元は見えません。
いつもならヴァイオリン席へすわるのですが、お連れ様がいらっしゃるので少々後方へ・・・

ひさびさなのでとてもリフレッシュな気分になりました。

公演中よ~~く目を凝らしてみると、な、なんと以前の私のヴァイオリンの先生がイラッシャイマシタ!!!
客演だったようで、ついなぜか嬉しくなって応援エールのメールをしてしまいました。開演前だったので、ヒンシュクだったかも。

きっとメールを見られたのは演奏が終わってからだとは思いますが、その日の夜。顔を見せてくれればよかったのにと返信メールが来ました。
すみません。連れがいなかったら、覗いてました。
お元気そうで何よりです。

ヴァイオリンの先生方々はリサイタルはもとより色々なところで活躍されていますね。
なんだか二重に嬉しい日でした。
 

Machako : 18:54 | コメント (0)

 

2015年08月22日

ばーばら

おばさん弦楽グループですが、あれからほそぼそと続いております。
途中でヴァイオリンの方が一人入れ替わり、チェロの方が体調を崩してお休みされ、現在ヴァイオリン3人となりましたので、私がヴィオラを担当し、Vn&Va の構成で譜面を書き直しいろいろやっています。

最近、練習室の予約がなかなか取れなくて、メンバーのおうちで練習をするようになりました。
最年長の方のご自宅は前に書いた里山ライフの方で、少し奥へ行かないと行けませんが、静かで環境がよく、蔵を改造されてて、そこにはピアノも置いてらして、練習にはとてもいい感じです。

今回は彼女がローストチキンファルスと言うのでしょうか?詰め物をした鶏の丸焼きをご馳走してくださるということで、いそいそと出かけていきました。

何しに行っているのか・・・
ふふふ・・・
練習も目的ではありますが、なんとなく骨休め的な感じですね。

言わずもがな、外は田園風景です。

彼女は年齢のわりに洋食派で気持ちは私より随分若い感じです。情報通でセンスもよく素敵な人です。
おしゃべりも楽しいので、ついつい練習はそっちのけですぐにコーヒーブレイクです(笑)

のんびりぼちぼちと・・・
まさに私にぴったりです!
 

Machako : 18:41 | コメント (0)

 

2015年07月09日

フィガロの結婚

先月24日に義母のおともで、オペラを観に行きました。
ハンガリー国立歌劇場 オペラ「フィガロの結婚」総勢140名の劇場丸ごと引越し公演らしいです。

義母のコーラスの先生ご夫婦も一緒で、その先生は大のモーツアルトファンらしく、モーツアルトのオペラは何度も観に行ってて、フィガロも数回観ているそうですが、今回が最高だったとご機嫌でした。

 
素人目から見ても、歌や衣装、舞台美術など芸術点はかなり高かったです。
字幕を読まなくてはいけないのはわずらわしいですが、言葉がわからないので仕方ないですね。
チェンバロの音が聞こえてくるので、ピットの中が気になりましたが、見れないので残念でした。
そういえばこのホール、備え付けの楽器にチェンバロがあったような・・・いい響きしてました。

オペラのことは全然わからないのですが、セリフもかなり現代的なアレンジで砕けてて楽しかったです。
舞台の背景が変わるとき設置のスタッフの人もちゃんとその時代の衣装を来て堂々とステージの背景に溶け込んで作業してて、日本の舞台の黒子とは違った面白さがありました。
ここの大ホール意外と奥行きが深くて音響だけてなく他の良さも再発見って感じです。

チケットのお値段も・・・うふふ・・・とってもリーズナブル。
こんな値段でこんなオペラ普通じゃ観れませんよね。かなりラッキーな気分でした。
 

Machako : 21:09 | コメント (0)